雪ログ イメージ

雪ログは、各地の積雪状況をスマートフォンカメラで定点観測するアプリです。雪が降って、積もり、融けていく過程を撮影し、スマートフォンカメラで定点観測してみましょう。いまどこでどれほどの雪がありどんな状態なのか、みんなでシェアしてみませんか?

雪ログについて

雪ログは、各地の積雪状況をスマートフォンカメラで定点観測するアプリです。雪が降って、積もり、融けていく過程を撮影し、スマートフォンカメラで定点観測してみましょう。いまどこでどれほどの雪がありどんな状態なのか、みんなでシェアしてみませんか?

まず雪の変化を観察しやすく、他の人にとって有用な場所を見つけてください。また、後で撮影するときに位置合わせがしやすくなるよう、撮影時の姿勢を固定するとともに、動かない目印を構図に入れてください。これが「ファインダー」となります。

次に同じ場所に来た時は、以前に撮影したファインダーを表示し、それと同じ構図の写真を撮影します。これが「フォト」となります。あるファインダーに対してフォトは何枚でも撮影できますので、これをつなげると雪の変化を記録したタイムラプスが作れます。

さらにファインダーとフォトを「雪ログ」にアップロードすると、みんなでシェアすることができます。いまどこでどれほどの雪がどんな状態で積もっているのか、リアルタイムに収集して状況を認識できるようになります。


「メモリーグラフ」ファミリー

雪ログは「メモリーグラフ」ファミリーの一員であり、メモリープラットフォームの共通基盤を活用しています。

このファミリーには、雪に限らず時間的に変化するものを記録するためのアプリとして、開花状況を記録するための花ログもあります。

支援

  1. 災害対応・復旧のための人間中心型状況認識プラットフォーム, 国際科学技術共同研究推進事業(SICORP) 「日本-米国共同研究」 (ビッグデータと災害), 科学技術振興機構 (JST) / 研究代表者: 北本 朝展 / 期間: 2015-2017
  2. 情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 人文学オープンデータ共同利用センター

雪ログに参加する