メモリーグラフ イメージ

メモリーグラフは記憶を重ねる新しい写真術。同一構図の写真をアプリで撮影することは、古写真の撮影場所をみんなで推定したり、災害からの復興を記録したり、聖地を巡礼するコンテンツ・ツーリズムに利用したり、多くの使い道があります。

メモリーグラフ ロゴ

メモリーグラフ

メモリーグラフ(メモグラ)は記憶を重ねる新しい写真術。同一構図の写真をアプリで撮影することは、古写真の撮影場所をみんなで推定したり、災害からの復興を記録したり、聖地を巡礼するコンテンツ・ツーリズムに利用したり、多くの使い道があります。

メモグラの基本的な機能は、カメラのファインダー上に過去の写真を半透明で重ね、現在の風景と構図を合わせてシャッターを押すというものです。スマートフォンの登場によって、カメラのファインダーに別の写真を重ねることが可能になりました。「こんな写真を撮ってみませんか」と提案する仕組みを、防災や観光など様々な分野に適用していきたいと考えています。

メモグラは、同一構図の写真を撮るという問題を簡単にします。これまでのカメラで定点観測をするには、写真と風景を心的回転により一致させるという難しい作業が必要でしたが、メモグラではファインダー上で写真と風景を直接比較できるため、古写真の歴史景観の分析や災害復興の記録などの定点観測が劇的に簡単になります。

さらにメモグラは、同一構図の写真を撮るという問題を楽しくします。同一構図で写真を撮るには、現地の風景を分析して構図を理解した上でシャッターを押す必要があり、これにはゲーム的な楽しさがあります。さらに自分にとっての「聖地」でこれを体験することで、身体性のレベルでコンテンツとの一体感を味わえる楽しさがあります。

このようなアプリは新しい写真術、すなわち、過去の写真を引用した現在の写真や、過去の写真に新たな要素を加えた現在の写真など、創作的なリンクに基づく写真アーカイブを生み出す可能性があります。また、みんなで同一構図の写真を撮影することは、単なる記念写真が定点観測という社会貢献になり、そこから新たな表現を生み出していく期待もあります。

なおメモグラは、拡張現実(AR)とは似て非なるものです。写真を重ねるのは、風景の中ではなくカメラのファインダーの上です。たったこれだけの違いが、アプリの特徴を大きく変化させます。ARは風景中に表示された過去の写真の受動的な鑑賞を目的とする場合が多いのに対し、メモグラは現在の風景を能動的に記録して共有するためのツールとなります。

なおメモリーグラフの旧バージョンとなるメモリーハンティングには、イベント報告なども含めたより詳細な説明があります。メモリーグラフとメモリーハンティングの違いは、メモリーグラフがパーソナルな写真を使った重ね撮りを可能とするのに対して、メモリーハンティングはプロジェクトとして配布された写真しか重ね撮りできないという点にあります。メモリーグラフは将来的にはメモリーハンティングの上位互換となる予定です。


防災での活用

被災地における定点観測は被災前後あるいは被災直後から現在までの復興の過程を直観的に把握するための優れたアーカイブ資料となります。こうした「ビフォーアフター画像」を参加型で撮影して共有するためのアプリとして、メモリーグラフを活用できます。


観光での活用

観光地における特別なビューポイントを探して同じ構図で写真を撮影することは、アニメにおける聖地巡礼や映画/音楽のシーンを探すコンテンツ・ツーリズムなどに活用できます。またフォト・オリエンテーリングのように、同じ構図で写真を撮ることの難しさを、ゲーム的な活動に展開していくことも可能です。

支援

  1. デジタル史料批判:エビデンスベース人文情報学のための連結指向型研究基盤, 科学研究費補助金 基盤研究(B), 日本学術振興会 [ No. 16H02920 ] / 研究代表者: 北本 朝展 / 期間: 2016-2018
  2. 京都大学 地域研究統合情報センター 「災害対応の地域研究」プロジェクト
  3. 情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 人文学オープンデータ共同利用センター

メモリーグラフに参加する